>> IAA トップページ > 精油26種トップページ > マージョラム
右のアイコンをクリックすると、文字の大きさを変えることができます 標準より小さな文字で表示します 標準の文字で表示します 標準より大きな文字で表示します

クレオパトラは疲れを癒すために、マージョラム入りの枕を愛用していたと伝えられています。
学名のOriganumは、ギリシャ語のオロス(山)とガノス(喜び)から派生した言葉で、「山の喜び」という意味です。また、マージョラムのMajorは、英語で「主要」という意味。
昔から、人々がこのハーブに寄せた気持ちが想像できます。このエッセンシャルオイルは、神経を鎮静し、体をあたため、消化を助け、月経を順調にします。

エキゾチックな香り イランイラン
精油(エッセンシャルオイル)基本情報
学名 Origanum majorana
科名 シソ科
主な原産地 チュニジア フランス スペイン
採油 葉の水蒸気蒸留法
調香 ハーブ/とても洗練された、透きとおるような香り
蒸発度 ミドルノート
主な特徴 リラックス、入眠、加湿効果、殺菌消毒
心への影響 1.過敏な心を鎮め、ストレスを軽くします。
2.落着かない気持ちを安定させます。
体への影響 1.さまざまなかたちで健康を増進させます。
2.血液循環促進と加湿効果で、リウマチ痛や冷え性、便秘などにおすすめです。
肌への影響 ニキビ跡や傷跡などのトラブルを解消します。
作用 加温、緩下、強心、強壮、去痰、駆風、血圧降下、健康回復、消化促進、消毒、神経強壮、頭脳明晰化、制淫、鎮痙、鎮静、鎮痛、通経、癒傷、癒創
注意 1.妊娠中は使用しないでください。
2.血圧を下げることがあります。
精油(エッセンシャルオイル)応用情報
●香りを処方する際は、精油相性表を参照してください。
●健康作用については、精油健康作用表を参照してください。
●子供や幼児に使う際は、子供とエッセンシャルオイル表を参照してください。
●香りを処方する際は、エッセンシャルオイル別注意事項表を参照してください。
精油(エッセンシャルオイル)香気成分
香気成分 分類 含有率 備考
テルピネオール アルコール類    
カンファー ケトン類    
カリオフィレン テルペン類     
β−ピネン テルペン類     
サビネン テルペン類    
テルピネン テルペン類    


IAA国際アロマニスト協会
〒104-0061 東京都中央区銀座8-14-11 ワイ・エヌ銀座ビル4階
電話:03-3542-8011 FAX:03-3542-6808
E-MAIL iaa@aromanist.com
(C)Copyright International Aromanist Association All Right Reserved. 1993-2008